スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の生活様式(その1)

あまり知られていませんが、昔からの日本の生活様式はかなり高水準にあったようです。

何がすごいかっていうと、まずトイレ、風呂、そして高床式の住宅。

むかしトイレは「廁」とよばれていましたが、住居とは離れた別の場所にありました。

隔離したような感じで外に設置してあったようです。



トイレの畳4-1 http://www.n-tatamidesign.com
(トイレのたたみ)


それからお湯の中に入る風呂と呼ばれる入浴。

水をためてお湯を沸かし、その中に入るとういう習慣は世界でもまれで、

韓国では「サウナ」だし、中国では毎日体を洗う習慣はなく、西欧でも現代ではシャワー、この民族も毎日体を洗う習慣はなかったようです。

数年前、韓国の高級マンションを購入した人が浴槽をわざわざ日本から運んだとか。。。

フランスで香水が発達した理由もフランス人に「体を毎日洗う習慣」が無かったせいだと言われています。


トイレなんかもっとすごいみたいですよ。

西欧人がむかし来ていたあの「チューリップ」をさかさまにしたドレス。



02070605.jpg


あれって、人が立ったまま「用」をたすために良かったみたいです。。。


大も小も場所の特定なく邪魔にならないように催したら「する」みたいな感じなのでしょうか。。


ハイヒール


女性を美しく見せる「ハイヒール」。。。あれも自分がしたものの「おつり」で自分を汚さないためだとか。。。


日本のメディアや教育で日本人があこがれてやまない「西欧文化」のファッションはその土地では実用品として生まれた物です。


環境、衛生管理という面では日本人はずいぶん昔から高度な文化を持ち合わせていたのでしょうか。


むかしの日本はずいぶんと文化が立ち遅れていて、画期的な全ての文化を西欧人に教えてもらったと誰が決めたんでしょうね。


なぜいま、世界は「日本ブーム」なんでしょう?


以前から西欧で評価の高った「日本刀」「浮世絵」「伊万里焼」、そして現在「すし、やきとり=日本食」・「カラオケ」・「芸者=和装・和服」・・・などなど。。。


日本の「造園」や「木造建築」も注目されています。


精神(スピリッツ)ではむかしから「仏教」に関心が高く、特に仏法と呼ばれる「科学」に驚嘆した西欧の有名な科学者はたくさんいるそうです。


むかし私もテレビの「NHK教育」で見ましたが、世界でその分野を代表する西欧の物理学者や天文学者、地質学者、考古学者などたくさんの人々が、「自分の発見した科学はすべて仏法と一致する。」と言ってました。


仏教伝来から約1500年たった日本の生活様式はこの「仏法=自然科学」を取り入れた形で「衣・食・住」が完成されていたようです。


敗戦後の状況はどうでしょう。。。


次回は住居についてお話しします。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo.masukatto

Author:momo.masukatto
日本人なら誰でも知ってる「畳」を通じて、毎日わらって、ないて、感謝して、考えさせられるナカシマ建創の「奮闘記」です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
コンタクトお願いします

この人とブロともになる

FC2掲示板
Jpanese100%たたみ
ものづくり生活奮闘記
Japanese100%たたみ
ご協力お願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
フリーエリア
powered by SEOチェキ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。