FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来のタタミ

2015年には消費税が10%になりそうです。

5%の税金の増加・・庶民には大変な負担なのですが支出に関わる増加はこれだけでは終わりそうにはないようです。

まず、今のまま行くと増税前に確実に物価が上昇しそうです。建築資材はいろんな分野で値上げをしそうです。

増税後には家の価格が10%でも上がっていたなんて事になるかも。。。


で、資本のあるハウスメーカーや建材メーカーは何を考えるか・・・建築基準の法律を改定して大資本メーカーが有利なルールを作るでしょう。

建材メーカーは流通ルートを短縮して直接商品を売るようになるでしょう。


解りやすくシュミレーションすると、畳は「畳屋さん」が作るのではなく、メーカーが既製品の畳を販売するということです。


2008・11置き畳岡山県
http://www.n-tatamidesign.com


税金や資材高騰によって価格が上昇する部分をまず面積の縮小でカバーし、間仕切り壁や廊下といった空間を削除

し、次には現在ではあまり利用されなくなった、という理由で「和室」という空間を削除します。


洋室、板間の空間は見た目綺麗ですが暮らすと不便なことが沢山出てくるでしょう。

そこで登場するのが新しい使い方の提案と称した「置き畳」の登場です。


CIMG1.jpg岡山県
http://wwww.n-tatamidesign.com


今までと違った「畳」の使い方を大資本の力を持って提案し、「畳フロアー」とか「和風床材」とか称して綺麗な

写真で紹介してくれることでしょう。


現在ある技術で畳屋さんが作る技能より勝り、かつ費用対効果を含めたアフターメンテナンスに対応可能な商品は

実現できませんが消費者メリットよりも供給者メリットが大きいので、2015年以降間違いなくこの方向へ進ん

で行くと思われます。


IMG_0961_edited.jpg岡山県
http://www.n-tatamidesign.com


ここ数年のクレームの原点は「契約」を済ませると顧客不在で「規則」に則り機械的に建築が進んで行くことでしょうか。

メーカーもクレームになることを嫌って「社会規範・道徳」は熱心に教育しますが、住宅の工業化に伴い施主が求

める「真心」や「思いやり」はますます期待できなくなると考えています。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo.masukatto

Author:momo.masukatto
日本人なら誰でも知ってる「畳」を通じて、毎日わらって、ないて、感謝して、考えさせられるナカシマ建創の「奮闘記」です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
コンタクトお願いします

この人とブロともになる

FC2掲示板
Jpanese100%たたみ
ものづくり生活奮闘記
Japanese100%たたみ
ご協力お願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
フリーエリア
powered by SEOチェキ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。