スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長年の経験から思うこと

長年新築の住宅でお世話になってきました。

個人の方がマイホームを決断するときは長年の計画と、タイミングであろうと思います。

決断したあと多くの人が悩む事はどこの会社にお願いするかということではないでしょうか??


最近の住宅会社は、

イメージの良いCMを行い、イベントも積極的でサビース満点です。

また、現場監督・工事関係者にいたるまで接客マナー、営業マナーが良く出来ています。

そして建築現場は環境整備や近隣配慮にいたるまで神経を使っているのがあたりまえでしょう。

営業マンは自社の住宅工法の長所を解りやすくアピールする手法も万全です。


2010新築現場
岡山県 http://www.n-tatamidesign.com


一般の方からすれば、工法の違いによる家の長所・短所など詳しく解るはずもなく

結果、自分が買うことのできる金額とご縁のあった会社の営業マンを気に行ったかどうかではないでしょうか。


企業には社会的に「3つ」の基本になる責任があります。

*企業としての社会的責任

*法令の順守(コンプライアンス)

*説明責任

難しい言い方で申し訳ありません。


IMG_1201.jpg


まず大企業ほど社会的責任の第一は株主に向いているということ。あたりまえのことだと思います。

そして、国の定めた品質基準で定められた作業手順で本当に行なわれているかどうか。

施工に問題や苦情提案があった場合、事前に説明がなされていたか、もしくは解りやすく説明・証明が出来るかどうか。

この三つがきちんと細かくより具体的にそして「思慮ふんべつ」を伴ったかたちで企業の従業員に指導・教育されているかどうかでしょう。



住宅は「夢」を売る仕事だと思います。

「建前」は皆、同じことを言っています。

ではどうやって企業の「本音と建前」を見抜くのか。。

難しいことではありますが、いくつかヒントになることはあろうかと思います。

次回わたしなりの判断のしかたを提案できればと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momo.masukatto

Author:momo.masukatto
日本人なら誰でも知ってる「畳」を通じて、毎日わらって、ないて、感謝して、考えさせられるナカシマ建創の「奮闘記」です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
コンタクトお願いします

この人とブロともになる

FC2掲示板
Jpanese100%たたみ
ものづくり生活奮闘記
Japanese100%たたみ
ご協力お願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
フリーエリア
powered by SEOチェキ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。